顎が痛くて食べられない!顎関節症の改善法とは?/半田市で顎関節症の治療をお探しならボディフル接骨院へ

 

こんにちは!半田市にあるボディフル接骨院のヒサマツです!

今回のテーマは顎関節症の治療対処法についてです。

 

 

なぜこのテーマを今回書こうかと思ったかというと

うちに通院頂いているお客様に顎関節症の相談をされたとき

 

「歯医者さんに行っても対応してもらえなかったから、なんとかなりませんか?」

 

といわれることが多かったからです。

(全ての歯科医院が対応してくれないわけではないと思います。)

痛み止めで治れば御の字ですが、それでも治らない場合は困ってしまいますよね。

それなら困っている人も多いのではないかと。

治療につながる施術法や対処法が伝わり、このブログを読んでくれているあなたの悩みも解決出来たらいいなと思っております!

 

その他の最新の顎関節症の記事

気になる方はこちらもチェック!!

 

 


顎関節症とは?

 

咀嚼時に顎に引っ掛かりや激しい痛みを感じて噛めない、

口が開かないなどの症状を引き起こすものです。

 

主な発症要因としては

  • かみ合わせの不良(歯並びや顎の歪み)
  • 歯ぎしり食いしばり
  • 精神的ストレス(三叉神経痛と間違うこともある)
  • 頬杖を突く生活習慣

などがあります。

 

症状は4つに分類され

咀嚼筋痛障害1型

口の開け閉め、食事の咀嚼時に下あごを動かす筋肉である咀嚼筋に障害が起こり痛みが出ている状態。

顎の筋肉の固さが触診により判断可能。

顎関節痛障害2型

関節包や靭帯に障害が起こった場合。

顎関節円板障害3型

関節円板に障害が起こった場合。コリっとした音が鳴るたびに痛みが出る場合にあたります。

変形性顎関節障害4型

関節自体が変形や損傷して痛みが出ている場合。

 

1~3型までの赤色で示したものは治療が可能で4型はひどい場合は外科治療になります。

 

 


 

顎関節症の改善のための方法とは?

 

 

 

 

 

顎関節症に多いのが咬合筋の硬さに問題があります。

この咬筋の硬さを正常に戻し、顎関節の歪みを取っていくことが必要になってきます。

当院の治療法としましては

 

①ハイボルテージ療法で顎関節の炎症を抑え、咬筋を緩める。

 

ハイボルテージという特殊な電療機を使用することで、筋肉に柔軟性を与える効果に期待ができます。

これにより固くなってしまった顎の筋肉を緩め、顎関節症の痛みの軽減を促します。

 

②顔面筋下部と側頭筋(頭の横)の筋膜リリースをして顎の関節の動きを正しく治す。

 

 

顎周りの固まってしまった筋膜を動かす事で、関節の動きの改善につながる効果に期待が持てます。

顎関節症に当たる人の顔周り、顎周りの筋膜は動きが悪いことが多いため、筋膜リリースという手技法をつかって改善に導いていきます。

 

これらの手技により口の開きを改善し、顎関節症における食事の際の痛みが緩和を促します。

痛みが引いた後も、顎関節症の改善のための咬筋トレーニングとして

食事の際の噛む回数やガムを使った顎の筋肉を鍛えるように指導し再発を予防します。

 

 

その他の顎関節症に関わる施術法はこちらの記事をチェック↓↓

 

 


 

もし半田市でどこに行っても治療してもらえない、
顎関節症の治療をしたいけど何をすればいいのかお困りなら
ボディフル接骨院にご相談ください!
お電話、問診の際顎関節症の施術をしたいとスタッフにお申し付けください!!

 


 ご予約は↓↓↓

 

お問い合わせ・ご予約

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボディフル接骨院

〒475-0845愛知県半田市成岩東町18

tel

日曜日は完全予約制・9:00〜12:00の営業となります。

PAGE TOP
LINE友だち追加