すぐに再発するぎっくり腰に、はり治療がオススメの理由/半田市でぎっくり腰の鍼灸治療ならボディフル接骨院

こんにちは!半田市のボディフル接骨院のヒサマツです!

一度でも辛いぎっくり腰が、何度も再発してしまう経験ありませんか?

短い期間で何度もぎっくり腰になってしまう人にぎっくり腰の再発を防ぐのにオススメの治療法があります。

 

それは、はり療法です。

はり(鍼)と聞くとあまりいいイメージは持たないかもしれませんが、何度も繰り返してしまうぎっくり腰を何とかしたいなら続きを読んでみてください!

それでは何度も再発してしまうぎっくり腰にはり療法がなぜオススメなのか解説していきます。

 


 

何度も繰り返しぎっくり腰になっている人の椎間板は薄い!!

ぎっくり腰の80%くらいは椎間板の負傷といわれています。

ぎっくり腰を何度も繰り返していると椎間板の損傷が重なり、椎間板の厚みが薄くなってしまいます。

*ぎっくり腰の直後のレントゲンやMRIでは異常が見られなくてもヘルニアの状態にゆっくりとなっている場合があります。

 

ぎっくり腰から数日たった後は強く神経を圧迫していない状態であれば、症状は動ける程度の治まっているものの、微妙に圧迫をしている為お尻が痛くなったり、もも裏にしびれ感を感じたりします。ヘルニアの後遺症の状態と似た症状があります。

ここに再び強い力が椎間板がかかるとまた髄核が飛び出し神経を圧迫する為、強烈な痛みとなって現れます。

これがぎっくり腰の繰り返す再発メカニズムです。

ではこれらを予防するために必要なポイントが2つあります。

 

①前傾時するためにもも裏に十分な柔軟性がある事

②腰の骨を支えるためのインナーの筋力が正常に働いている事

この二つです。

 

ぎっくり腰になるときはほぼ腰を曲げて前傾になった時、もしくは前傾の姿勢で強い力を発揮した時です。

前傾時に太ももの裏が固い人は、十分な前傾姿勢を作れないため腰へ負担がかかります。

過度な負担が椎間板にかかる➡椎間板の損傷(ぎっくり腰)

となってしまいます。

そのため①のもも裏の柔軟性が必要となってきます。

太ももの裏を柔らかくするためにオススメのストレッチはこれ👇

 

②は背骨を支える筋肉に多裂筋というインナーマッスルがあります。

この筋肉は背骨にかかるテンションを感知する働きがあります。この筋肉が弱っているときは過度なテンションが背骨にかかってしまっても、感知することができずぎっくり腰になってしまいます。

この筋肉を正常に働かせるためにオススメの方法が

鍼(はり)治療です。

鍼治療はピンポイントに筋肉のツボを刺激することができるため、インナーマッスルのような深い位置にある筋肉にもアプローチすることができ、筋肉の働きを正常に働かせる効果にもつながります。

鍼に電気を通して筋肉を動かす事で柔軟性と血流を促進して回復を早める効果にも期待ができます。

 

ぎっくり腰を繰り返す人は痛みの恐怖感から体の動作が小さくなり、体が固くなる傾向にあります。

あまりにも固い症状である場合、整体による矯正はできないケースも出てきます。

その場合、鍼治療であれば最小限の動きの中で治療することができるため、身体へのダメージを最小限に抑えて治療をスタートすることができます。

また鍼の効果で筋肉を緩めることで体の関節の可動域を広げる効果にも期待が持てます。

つまり

何度も繰り返すぎっくり腰には鍼治療がオススメです!!

 

  • 年に2回以上ぎっくり腰になってしまう
  • 毎年ぎっくり腰になってしまう
  • 病院や整体に通っているけど、ギックリ癖が治らない

こんな悩みを抱えていたら、いつもと違った施術の鍼で根本からのアプローチしてみてはいかがでしょうか?

 

ビフォーアフター

 

 

 

 

 


 

ボディフル接骨院では

火曜、木曜、土曜 16:00~

鍼灸治療をご予約様限定で受け付けております!

一度鍼灸治療をお試ししてみてはいかがでしょうか?

ホームページを拝見して鍼治療をご予約(WEB予約の場合予約枠③)いただいた方のみ

毎月限定で5名様まで!!

初診料2000円無料でサービスさせていただきます!!

何度も繰り返すぎっくり腰を何とかしたい!!

と思うあなたからのご相談をお待ちしております!!

 

ご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボディフル接骨院

〒475-0845愛知県半田市成岩東町18

tel

日曜日は完全予約制・9:00〜12:00の営業となります。

PAGE TOP