必見!前かがみすると痛い!!腰痛の改善法/半田市で腰痛治療をお探しならボディフル接骨院

こんにちは半田市にあるボディフル接骨院のヒサマツです。

 

今回のブログ内容は

前かがみができないあなたへそれを改善するポイントをご紹介したいと思います!

 

 


前かがみすると腰が痛くなる理由とは?

 

慢性腰痛、ぎっくり腰含めて前かがみが辛いという症状は多いです。

なぜ前かがみができないかというと

 

前傾姿勢は腰への負担が大きいから!

 

 

ただまっすぐ立っているより、前かがみの姿勢の方が腰の筋肉や骨に負担が増します。

なので腰を支えるためにある背中の筋肉の広背筋、脊柱起立筋、お尻の大殿筋といった大きな筋肉が疲労が積み重なることで、筋肉の働きが弱まり負担に耐え切れず腰痛が発症してしまいます。

なので腰を支える筋肉を正常に働くように戻してあげることが必要になります。

そこで前かがみを楽にするあるポイントがあります。

 

それは

 

お尻と膝裏

です。

どういう事かといいますと

背中にある広背筋は骨盤から腕の内側までつながる大きな筋肉です。

この広背筋はお尻の大殿筋と筋膜を介して繋がっています。

前かがみをするとき、お尻の筋肉が収縮し上半身を支えますがこの時広背筋も連動して伸びるように伸長します。

つまりお尻の筋肉が支える力が失われると上半身は前傾するために広背筋に負担がかかるため

前傾したときに痛みが出るということです。

もとよりほかの背中にある脊柱起立筋や多裂筋といった場所にまで影響が及びます。

痛み自体は背中や腰にあったとしても前傾ができない人の多くが、お尻に原因があるという事です。

なのでお尻を緩める体操をして改善していきましょう!

 


 

前かがみすると痛い腰痛を改善する!腰痛体操!

 

腰痛の改善ポイントとしてお尻が重要という事はご理解いただけたと思います。

ではどんな体操が有効かというと、非常に簡単な体操でケアすることができます!

まずお尻の外側と骨盤の内側をつかむように立ちます。

 

次に指先でグッと強く圧迫していき、息を吐きながら痛みやハリを感じるところまで体を倒していきます。

この時、痛みを我慢してどんどん前に倒していかないように気を付けてください。

痛みを少し感じたところでゆっくりと戻していきます。

これを繰り返していきます。

これだけです!

お尻の大殿筋と腸腰筋を圧迫しながら前傾させていくと腰にかかる負担がお尻と腸腰筋に支えられ動きが改善していきます。当院でもここを刺激しながら前傾運動をしてもらうと完全するケースが多くみられています。

これでも改善しない場合や、前かがみの痛みが極度にある場合は、ヘルニアや高齢の方だと圧迫骨折の疑いがあるので我慢せずに医療機関に相談するようにしましょう。

 


当院では腰痛治療に特化した治療を行なっております。

どこに行っても治らない、病院でシップだけ出されて一向に改善しない。早く治して仕事に復帰したい!

そんなあなたのお悩みを抱えていたら、、、

半田市のボディフル接骨院にご相談ください!

 

予約はこちらから

お問い合わせ・ご予約

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボディフル接骨院

〒475-0845愛知県半田市成岩東町18

tel

日曜日は完全予約制・9:00〜12:00の営業となります。

PAGE TOP